遺伝子検査は一人ひとりがもっている身体の設計図に当たる遺伝子を分析することで、なりやすい病気やその発症リスクなどを分析するものです。

人間の遺伝子はDNAの配列によって決まりますが、ほとんどが同じ配列の一部に違いがあることが分かっており、その違いが個人差を作り出しているとされます。

 

従来、医療現場では1回で検査できる遺伝子の種類が限られていたことから、特定の症状がある場合にのみ実施されてきましたが、現在は技術が進んだことから1度に数千種類の分析ができるようになり、現在では早期発見、早期治療を目的として多く活用されています。

遺伝子検査というと一般的には人間の遺伝子分析をイメージしがちですが、感染症の原因となるウイルスや細菌の分析も含まれ、大きく分けると3つに分類されます。

 

まずウイルスや細菌の遺伝子を検査する病原体遺伝子検査です。

病原体がもつ特定の遺伝子の有無を調べることで疾病を特定する検査で、血液や痰を培養する検査と比べると結果が早く分かることから早期治療に役立として利用されています。

 

次はヒト体細胞遺伝子検査といい、主にがんを発症することで起きている遺伝子変異を分析する検査です。

この検査は治療効果を確認したり、再発の可能性を探ることに役立ちます。もう一つはヒト遺伝学的検査で、生まれつきもっていて次世代に受け継がれていく可能性のある遺伝子を解析する検査です。

血縁者に遺伝性の疾患がある場合に、その特性が引き継がれているかどうかを調べたり、胎児の羊水検査もこれに含まれます。

一般的にイメージされる遺伝子検査はこれをいいます。

 

検査に種類があることがわかりましたが、最近では医療機関にいかなくても遺伝子検査キットを使えば手軽に検査が受けられるようになっています。

ユーグレナ・マイヘルスで簡単遺伝子解析

これは医療分野である特定疾患に由来する遺伝子を分析するものとは異なり、生活習慣病やがんの発症リスク、肥満になりやすいなどといった一般的な傾向を検査します。

もともとはアメリカでスタートしたようで、日本でも少し遅れて商品化されており、遺伝子検査キットを使えば簡単に体質や病の発症リスクがわかります。

美容分野でも一人ひとりにあったエクササイズや美容法を提供するために使用されているようで、費用はサービスを提供している企業によって違いますが、検査項目数によって異なるのが一般的で、項目が多くなると専門家によるカウンセリングが受けられるところもあるようです。