遺伝子の検査を行えば、その人の特徴やかかりやすい病気、将来起こる可能性が高いがんの種類などを知ることができるといわれています。病院で行われているウイルスや細菌、白血病細胞の同定なども遺伝検査の一つです。

最近ではインターネットから遺伝子検査キットを購入することができるので、気軽に検査を行うことができます。
ユーグレナ・マイヘルスで簡単遺伝子解析

遺伝子検査の種類は、大きく分けて病原体遺伝子検査とヒト体細胞遺伝子検査、ヒト遺伝学的検査の3つに分けられます。

病原体遺伝子検査はヒトの遺伝子を調べる検査ではなく、ヒトに感染するウイルスや細菌などのDNAを特定して感染しているかどうかを調べる検査です。

血液や痰などを調べて感染しているかどうか検査する方法だと、判明するのに数日かかってしまいますが、遺伝子による検査であれば数時間で判明することができるので、より早く治療を行うことができます。

この検査は頻繁に病院で行われている検査で、遺伝子による検査全体の90%を占めていると言われています。

ヒト体細胞遺伝子検査は、実際にがんを発症している細胞に、がん細胞特有の遺伝子異常などを検出する方法です。

例えば白血病などで遺伝子異常が検出することができれば、再発の可能性の高さや治療効果の判定などに役立てることができます。

ただしインターネットなどで販売されているがんの検査では、すでに発症しているがんを調べることはできません。

あくまでも、がんの発症のしやすさを判定するための遺伝子検査キットであることを覚えておきましょう。

ヒト遺伝学的検査とは、一般の人が考えている遺伝子の検査です。

人がもっている遺伝子情報は、基本的に生まれてから死ぬまで変わることがないので、その人の遺伝情報を知れば遺伝病の発症の予測が可能です。

また刑事事件などが起きた時の個人の特定につながります。

病院では家族に遺伝性の病気がある方に対して、その遺伝する病気に特徴的な遺伝子異常を検出できるかどうかの診断に活用することができます。胎児に対して行うことができる絨毛や羊水を用いた出生前診断も遺伝子による検査の一つです。

最近では遺伝子技術の発達によって、インターネットで遺伝子検査キットを購入して数千円から数万円で気軽に検査を受けられるようになりました。

市販の遺伝子検査キットでは病気のかかりやすさや体の特徴、祖先などについて調べることができます。

ただし病気を特定するような検査は行うことができません。”